line decor
line decor
オリーブ会ロゴ 事務局:

電話:
FAX:
〒730-0533
広島市中区小網町2-1
082(297)0533
082(297)5210
line decor
  
line decor

2012年 山中高女慰霊祭

慰霊祭写真

 母校の前身、広島女子高等師範学校附属山中高等女学校の慰霊祭が2012年8月6日、広島市中区の荒神堂でありました。67年前、広島に投下された原爆で尊い命を落とした先輩と教師合わせて387人を悼むため、佐藤会長をはじめ広島オリーブ会の有志18人、山中高女OB、地元住民など約60人が出席。平和の尊さを改めて心に刻みました。
 式典は32回生・清水欽也さんの司会で進められ、今年も福山附属中・高校から針谷真生学友会会長ら4人が参列しました。追悼の辞で針谷会長は「ただの物理法則、数式でしかなかった知識を利用し、人を傷つける兵器を開発、争いに利用したのは人間です。私たちはその過去を知り、受け入れ、苦しくても噛みしめて新たな一歩を踏み出さないといけない。二度と愚かな過ちを繰り返さない、武器を捨てる覚悟と叡智を得る決意につなげたい」と述べました。慰霊碑に全校生徒で折った千羽鶴を捧げ、8時15分には市内でサイレンが鳴り響く中、参列者全員で黙祷し冥福を祈りました。
 慰霊祭に福山附属の在校生が参列する伝統は、備後人には遠い存在になりがちな被爆者を身近に感じ、平和について真剣に考えるきっかけとして根付いています。26年前、私も学友会役員としてこの場を訪れ、先輩方の御霊に黙祷を捧げました。それが今や、お世話する側になっています。学校側のご理解を得ながら、ぜひ今後とも続けていただきたいと思っています。
 慰霊祭は今後も8月6日午前7時30分から、現地で実施します。山中高女の先輩方を慰霊する灯を絶やないためにも、お近くの方はぜひ、祈りの場に加わってください。お待ちしています。
(36回生 藤井智康)
Copyright © 2010-2013 株式会社ガリバープロダクツ All rights reserved.