line decor
line decor
オリーブ会ロゴ 事務局:

電話:
FAX:
〒730-0533
広島市中区小網町2-1
082(297)0533
082(297)5210
line decor
  
line decor

青年部主催イベント 極楽寺山登山

極楽寺山頂上

   

登山後宴会

 「中高年のおっさん連中が、休日に近郊の山に登るのは、単なる暇つぶしなのだ。それがたとえオリーブ会の行事だとしても、後世に記録として残す価値があるようなことは何も起こらないのが普通だ。
 「時は秋晴れの2012年9月23日(日)、登ったのは廿日市市の極楽寺山、参加者5名」参加しなかった会員の中にこれ以上詳しい報告を欲している人がいるとは思えないが、紙面編成の都合があるそうなので、当日のことを思い出してみる。

 朝9時に広電楽々園駅に集合。集合時刻を若干過ぎて、幹事(佐藤青年部長)の携帯電話が鳴る。紅一点の参加予定者から「今、目が覚めたので宴会場に直行します」という意味の連絡。宴会のキャンセルをしなくても良いように配慮してくれたのが救いだが、男どもはがっかりだ。
 途中、ゴルフ場(宮島カンツリー)の横を歩く。「ゴルフの時は何とも思わんかったが、今日は遠いのお」の声。
 水場で長い休憩をした後、「私は後からゆっくり行くけえ、先に行きんさい」と長老が命じる。しかし、これを真に受けて先行した奴は、次のチェックポイントで皆が揃うまで30分待ちぼうけを食う羽目になる。
 出発から2時間半かけてやっと極楽寺に辿り着き、証拠写真を撮影する。しかし最終目的地は宴会を計画しているアルカディア・ビレッジ。先導役の幹事は宴会開始時刻が気になるのだろう、その後は遅れ気味の2人を無視するように山道を急いだ。まず幹事ら3人が12時20分に到着。そして残り2人も十数分後に無事到着し、一安心。
 ここからは、紅一点が加わって6人となり、その後の入浴と宴会で活力を取り戻す。次回の候補地が話題になり、「なるべく楽で宴会ができるところを」という紅一点の強い希望を受けて、似島を第一候補とする。
 当日はアルカディア・ビレッジが休業前の最終営業日だったが、懸念していたほどの混雑はなかった。午後3時に散会し、送りのバスで廿日市に下りる。何とも平凡な秋の一日だった。

(えかりゃん)
Copyright © 2010-2013 株式会社ガリバープロダクツ All rights reserved.