line decor
line decor
オリーブ会ロゴ 事務局:

電話:
FAX:
〒730-0533
広島市中区小網町2-1
082(297)0533
082(297)5210
line decor
  
line decor

2015年 山中高女慰霊祭

2015慰霊祭写真

 母校の前身、広島女子高等師範学校附属山中高等女学校の慰霊祭が2015年8月6日、広島市中区の荒神堂でありました。70年前、広島に投下された原爆で尊い命を落とした先輩と教師合わせて387人を悼むため、広島オリーブ会の有志約10人、山中高女OG、地元住民など約80人が出席。平和の尊さを改めて心に刻みました。
 式典は35回生の山本大輔さんが司会を務め、今年も福山附属中・高校から小松原彩乃学友会会長ら4人が参列しました。追悼の辞で小松原会長は「私たちと同世代の先輩方が、輝かしい未来を一瞬にして閉ざされてしまった現実は衝撃的で、言葉にならない」とし、「世界のどこかでは今もなお戦争が起き、人々が苦しんでいる。憎しみ、命を奪い合う事からは何も生まれない。二度と戦争を繰り返さない、核兵器は絶対に使ってはならないという意志を持ち続けます」と述べました。全校生徒で折った千羽鶴を慰霊碑に捧げ、8時15分には参列者全員で黙とうし冥福を祈りました。
 ちなみに私自身、1986年に現役附属生の学友会広報委員長として、高橋会長、杉原副会長とともに慰霊祭に出席した経験があります。備後では周囲に被爆体験者が少ないせいか、知識はあっても他人事のような認識でした。しかし慰霊祭の参加をきっかけに身近な出来事へと変わり、広島に就職した後も毎年、慰霊祭に参加し続けています。改めて、貴重な体験をさせて下さった先輩方に感謝するとともに、平和の尊さを次世代へと継承していかなくては、と思っています。
 今年も8月6日に、現地で慰霊祭を行います。私たち36回生が幹事を務めますので、お時間の許す限り、お越しいただけますと幸いです。この原稿を書いている時、5月27日に米オバマ大統領が広島訪問とのニュースが流れました。被爆地で「核兵器なき世界」実現に向けてどう訴えるのか、注目です。慰霊祭で、先輩方にいい報告ができればと願っています。皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。
(36回生 藤井智康)
Copyright © 2010-2016 株式会社ガリバープロダクツ All rights reserved.