line decor
line decor
オリーブ会ロゴ 事務局:

【TEL】
【FAX】
〒730-0047
広島市中区平野町11-38 原野ビル603
082-533-7253
082-533-7254
line decor
  
line decor

2020年 山中高女慰霊祭

慰霊祭

 原爆死没者慰霊祭 山中高女の慰霊祭が営まれました 。
 2020年8月6日午前8時、うす曇りのなか、広島市中区国泰寺町の荒神堂でいつものように慰霊祭が始まった。広島の人間としてこの日は特別な日である。犠牲者を悼み、核兵器廃絶の願いを発信し、恒久平和を祈る日だ。
 しかし、今年はずいぶんと勝手が違った。春から続く新型コロナウイルスの影響で、この慰霊祭さえも縮小の要請があった。町内会とも話し合った結果、椅子を離す・町内会の受付を設置しない・ろうそくと線香は置かない・短時間で済ませ速やかに解散、などの配慮を行うこととした。
 我が附属福山高校からは例年通り学友会会長の追悼の辞、副会長の献鶴をいただき、広報部長とあわせて3名の生徒が参列してくれた。さらに、清水欽也校長、平賀博之副校長、学友会指導主任の田中伸也先生にもお越しいただいた。広島オリーブ会では毎年皆さんにご案内のメールをお送りしていたが、今年はあえてアナウンスせず、お問い合わせをいただいた方には開催の旨をお伝えした。それでもおよそ50名の方々にご参加いただき、しめやかに行うことができた。
 附属の生徒たちは原爆について、戦争について深く学んでの参加だったが、追悼の辞の中では「いつもの日常が突然失われること」について言及していた。そして、今年のコロナ禍でも「いつもできていたことができなくなった」経験から、戦時中の「勉強したくてもできない」などの先輩方の声を自分のことのように感じたようだった。
 年々、被爆された方は高齢化し、直接お話を聴くことが難しくなってきている。原爆による被害、その事実をどのように継承し、ありのままに次の世代に伝えていけるのか、ヒロシマを背負うものの一人として、考え続けていきたいと思う。

(29回生 藤本真弓)
Copyright © 2010-2021 株式会社ガリバープロダクツ All rights reserved.